「それが例え迂回路でも」
...スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.07.03 Monday... - / -
...リリック

 

 

 

 

突然すみません。

 

 

 

 

 

 

私の大事な友達がいて

歳も違うし生まれ育った環境も違うし

 

 

 

だけどなんか共通点がたくさんある「運命共同体」的な友人がいるんですが

 

 

 

飲んだ時に昔の話になって(いつもする)

中高生の時にホームページ作ったな〜なんて話して

うわー私も!なんて話して

ロリポップのサンタのバナーの話とか解析ツールのNINJAとかそれはそれはもう死ぬほコアな話をしたら

 

 

 

 

心の中ですぐに思いついたのがここでした。

 

 

 

 

胸がすごく苦しくなって切なくなって

私の青春ともいえる場所でした。

何度も言ったけど多感な時期にこのネットという私にとっての居場所があったから

すべてが楽しかったんだなって思います。

 

 

 

いやー意外と打てるもんだね。

仕事でもPCあまり使わないからなんだか緊張してます。

 

 

 

最後の更新から幾年も経ってますが

私に関しての近況を幾つか。

 

 

 

学校を卒業して死に物狂いで仕事した場所を辞めて

今まさに絶賛転職活動中です。

 

 

この6年程、休みもあまりなくボロボロになりながらも働いてきて

一人前になったのが2年ほど前。

単純にこの仕事してのメリットってなんだろう、と考えたときに無かったんですね。

 

 

正直、この6年程の中で辞めようと思ったのなんて何千回、何万回レベルで

逃げた方がマシ、終いには走っている車に飛び込んだ方がマシ(死ぬわけではなく骨折くらいのレベルで)なんて思うくらい追い詰められたこともありました。

 

 

可愛がる後輩たちはどんどん辞めて自分の不甲斐なさ、なんで助けてあげられなかったんだろうと自己嫌悪に陥ることも何度もあって。

 

 

だけどただ一つ、辞めたいと言う勇気がなかったんです。

 

 

 

ただの小心者というか、なんというか、

それでこんなに続けてきたけどもうそろそろ良いだろうということで仕事が一区切りついた時点で足を洗いました。

 

 

 

華やかな世界の裏方はみんな辞めても戻ってくる、なんて周りの人にたくさん言われたけど

もう私はそんなつもりもサラサラ無いし。

まあみんな頑張れよ、的な感じで

有給最高!ボーナス最高!土日休み最高!福利厚生最高!的な生活を一刻も早く過ごしたいがために必死です。

 

 

普通の人からしたら当たり前かもしれないけど

私にとっては今までなかったから。

これから初めてがたくさん待ってると思うとドキドキワクワク。

 

 

第2の人生を歩み始める。そんなタイミングです。

 

 

 

 

いやー休んだ休んだ。

辞めて2週間経ちますがもう休むことに慣れてないから焦りが出てくる。

 

 

 

 

嵐って幾つだっけって思ったら大野先生は今年37歳ですか?

だって...だって...私がもう27歳なんだもんね...(震)

 

 

 

ということで嵐ネタは全くもってないですが
気が向いたらまた来ます。。

 

 

 

 

 

 

 

2017.07.03 Monday... comments(0) / -
...スポンサーサイト
2017.07.03 Monday... - / -
message
post